MAMPにWordPressをインストールする方法:準備編


先日は、「MAMPをインストールしてローカルな開発環境を作る」という記事で、Macにローカルな開発環境を実現するソフトウェア、MAMPのインストール方法をご紹介しましたが、ここからは、実際にWordPressをインストールする手順を、2回に分けてご紹介します。

今回はインストールのための準備編です。決して難しくはないので、これを機会に頑張ってチャレンジしてみてください!

データベースを構築する

最初に、WordPressをインストールするために必要な、データベースを構築する作業からはじめましょう。

Macのアプリケーションの中から、MAMPを起動してください。

すると、スタート画面に、「サーバを起動」とあるので、クリックします。

この画面では、他にも、設定(Preferefce)などの項目がありますが、とりあえずデフォルトのままで問題ありません。

サーバを起動すると、自動的にブラウザが立ち上がり、MAMPのスタートアップの画面に偏移しますので、「phpMyAdmin」をクリックしてください。

phpMyAdminにアクセスできたら、次にデータベースを構築していきます。

画面上部の「データベース」タグを選択。

次に、「データベースを作成する」の空欄とプルダウンメニューの二箇所に入力していきます。

データベース名には、任意のデータベース名を入力します。今回はwordpressとしてみました。

プルダウンメニュー(照合順序)は、「utf8_general_ci」を選択します。

すると、「このデータベースにはテーブルがありません。」とのアラートが出ますが、後ほどWordPressをインストールすれば、テーブルは勝手に設定されるので、ここは気にしなくて大丈夫です。

これで、WordPressをインストールするデータベースの準備が整いました。

次は、いよいよWordPressのインストール作業に入ります。

MAMPにWordPressをインストール

WordPress.org の公式サイトより最新版のWordPress をダウンロードします。

WordPress.org日本語:公式サイト

ダウンロードしたWordPressフォルダを解凍して開くと、たくさんのファイルとフォルダが確認できるはずです。

次に、ダウンロードした全てのファイルをMAMPのhtdocsフォルダにドラッグ&ドロップします。

場所は、「アプリケーション」→「MAMP」→「htdocs」です。

ここで注意してほしいのは、ドラッグ&ドロップで移動するファイルは、WordPressフォルダの中身だけです。フォルダごと移動しないでください。

ファイルを移動できたら、htdocsフォルダを開いて、きちんとドラッグ&ドロップできたか確認しましょう。

 

きちんと移動できていればインストールの準備完了です!

http://localhost:8888/ にアクセスして次の画面が表示されればOKです。

これで、MAMPを使って、ローカル環境にWordPressをインストールする準備が整いました。

テスト環境の構築まで、あと少しです。

次回は、いよいよWordPressのインストールに入ります。

次の記事:MAMPにWordPressをインストールする方法:実装編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です